ビジネス ブログ運営

初心者が1日1記事書くために必要なこと

初心者がブログを始めると、多くの場合1日1記事を目標にされるかと思います。

ひと記事あたり1000字程度を目安にした場合、毎日記事を書くのって大変ですよね。

内容はおろか、お題すら浮かばないことだって珍しくないでしょう。

 

誰でも抱える問題ですし、ブログで稼ごうとする人が躓いてしまうポイントでもあります。

私はブログを2つ運営しているのですが、どちらも1日1記事は遂行できました。

私がブログを毎日書き続けるために実践してきたコツを紹介したいと思います。

 

 

 

1.タイトルを思いついたら下書き保存

記事を書こうと思ったときに、その都度タイトルと記事を考えていると、

作業効率が悪くなり結局集中力を切らして他のことをやってしまう・・・

なんてことも珍しくないありません。

 

人間の脳みそってシンプルで、家路に着いていたときに思いついていたことも、

玄関を開けるとポカンと忘れるなんてことはしょっちゅうです。

逆に記事を書いている最中に次に書く記事のタイトルを思いつくなんてこともあります。

何かの拍子に記事のタイトルを思いついたらスマホのメモ帳に記載するか、

他の記事を書いている最中であれば別枠を開いてタイトルだけ入力して下書き保存しましょう。

 

単純なことですが、タイトルが事前に用意されているだけで作業への入りやすさが桁違いです。

またタイトルだけでなく、軽い内容や見出しだけつけておくと効果的ですね。

 

 

 

2.スピード重視。書きなぐるように書く

毎日行う反復作業ではスピードやリズムがとても大切です。

うまくいかなくて時間だけがどんどん削られていく・・・というのが、

人間の心理に最も大きなダメージをもたらします。

 

とにかく粗削りでいいのでキーボードをたたきましょう。

読み返してみたら変だな?ってくらいでいいので、思いつくままに書きなぐってください。

じっくり考えながら書くよりも、適当に文字を打った後で文章を整えた方がうまくできます。

さながら作文の添削といったところですね。

 

スピードやリズムが出ると人間は作業効率があがるばかりでなくクオリティも向上します。

思いつかなかったことがあっさり出てきたり、意外なアイデアがひらめいたり・・・。

いくらかこれをこなしていくうちに「自分の型」というのができてくると思います。

文章のテンプレートみたいなものなのですが、あらゆるブロガーや小説家には、

文章の一定の法則や頻出する言い回しが存在します。

自分なりのテンプレートができたらとても楽です。それに沿って文を書くだけですから。

ぜひ自分のテンプレートを見つけられるまで書きなぐっちゃってくださいね。

 

 

 

3.体裁は後から整える

見やすいブログの記事を書こうと思うと体裁やデザインに気を使うと思います。

どこに画像を貼り付けようか、リンクはどこにしようか・・・など。

そういったことは後からやりましょう。

 

まずは文章を書いてから。

他の体裁はすべての文章を書き終わってから行いましょう。

人間の思考はシンプルなのであらゆることに気を張り巡らせるのは苦手です。

作業①が終わったら作業②、次は③・・・というように順序だてて行った方が効率的です。

画像を張るときは画像サイトで探さなきゃいけないし、リンクならURLを調べないといけません。

その都度リズムが崩れてしまうと、ノッてきた筆を止めることになってしまいます。

 

これはブログだけでなく、普段の生活にも同じことが言えます。

家に帰ってきたら、①窓を開ける、②ご飯を炊く、③PCを立ち上げブログ編集・・・というように、

何事も順番を決めておいて、それが終わったら次に移行すると生活の質もあがります。

人間ってひとつのことにしか集中できないんです。

聖徳太子のように2つの音を同時に聞くことなんてできないのです。

まずはひとつの作業を徹底しましょう。そしたら次です。

 

 

 

4.最後に接続詞・形容詞を消しまくる

書きなぐって文章が一通りできたら、最後に自分で添削をしましょう。

読み返すとわかると思いますが、余計な接続詞・形容詞が多いことに気が付くと思います。

普段の会話なら違和感がないのですが、文章になるとモタモタしている感じになります。

 

接続詞・形容詞はこれでもか!ってくらい消しましょう。

特に文章の始まりは余計なものがくっついているので要注意です。

先ほど書くときはリズムが大事だっていう話をしましたが、

それは読む側にとっても同じことです。

読む側が何となく読んでいて不快だなって思ってしまうと、

たとえどんなに有益な情報でも印象に残らず、リピートしてくれません。

 

これは前の項目「3.体裁は後から整える」の添削前です。

 

そしてこちらが添削後です。

 

明らかに文章量が減っているのが分かると思います。

書いたときは必要だと思った接続詞・形容詞がこんなに減っても文章は成り立ちます。

むしろ、減った方が読みやすく理解しやすいと思います。

どんなコンテンツも面白いものはすべからくシンプルです。

 

面白い漫才師がネタを作るときにすることって、とにかくシンプルにすることらしいです。

マイクの前に立ってネタに入るツカミのところとか、売れてる漫才師ほど短いです。

これ確かサンドウィッチマンが言っていましたね。

面白いお笑い芸人No.1の彼らですら、シンプルにこだわっているので、

ブログにおいてもシンプル化にこだわっていきましょう。

 

 

 

まとめ

ブログを書くコツは「書きまくる⇒削る⇒削る⇒削る」です。

ことさら毎日書いていくとなると、モチベーション維持のためにも必要なことです。

覚えておいてほしいのは、人間はシンプルな生き物で同じことをするのには長けてる、

ってことです。

持っている能力はいかんなく発揮するべきです。

 

そのためにも書きなぐって削って削って・・・、を繰り返しましょう。

習慣化すれば1000記事毎日は苦じゃなくなってきます。

1日2記事、3記事と書けたらブログのクオリティはうなぎのぼりです。

SEO的にも有利になるし、ブログの周遊率も上がるのでPV数は上がりまくりです。

ガンガン書いてガンガン削りましょう!!

 

 

-ビジネス, ブログ運営
-

Copyright© ゲーム廃人起業録 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.